サビアンシンボル活用法・山羊座28度『大きな養鶏場』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1063★                                山羊座28度『大きな養鶏場』

長く険しい山道を登り
頂上にその手が触れた時
自分が天上人になったかのように
あらゆる叡智が落下してくる

全てを受け取り終わってみると
見渡す限りの、山、山、山、山

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

一つの事を極める為頑張っている方も
次に、何をしようか?考えている人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
山羊座28度
『大きな養鶏場』

★今日のキーワード

『達観的視野』

7つの開運行動

★一つの考えや方法にこだわらず、多くの選択肢を用意し、意識しておく

★自分が自由に闊歩できる、居心地の良い場所を見つけ、確保しておく

★高い場所から見渡すようなイメージで、何事においても視野を広く持つ事を意識する

★自分の意思や希望と、他の人の立場から見た自分をイメージしながら行動する

★自分の居場所を一つに限定せず、幾つか作っておくこと

★一つの考えや生き方で通そうとしない、その時々に合わせて柔軟に変化させる

★『公平な物の見方』を身に付ける

 

「この景色をもう一度見たかった…」と、総選挙を勝ち抜いたアイドルがつぶやいていましたが、どのような分野・世界でも頂点に立てた者だけが見る事の出来る景色が存在します。

それは、ただ単純にそこに立てば見渡せる、というのとは大いに違います。

そこに至るまでの努力や鍛錬、幾多の障害を乗り越える中で得た『経験値』が、深く広く、物事を見渡せるように成長させたからこそ見える景色なのだと思います。

例えば、目の前に『野菜』があるとしましょう。
野菜を育てた経験がなかった時は『ただの野菜』としか見えなかったとしても、
土を耕し、種を蒔き、草を取り、虫を除去し、春も夏も毎日水をあげ、丁寧に育てても失敗したり、台風にやられたり。

それでもまた種を蒔きなおし、やっとの思いで出荷した経験を積んだ後ならば、以前のように『ただの野菜』に見えるでしょうか?

このように、人に見えているものは、その人の生きてきた過程によって大きく変わるモノなのです。

松村先生は著書の中で、

『一つのことを達成しきった時、まったく新しい情報やチャンスが見えてきます。これまでの努力は、新しい世界を見せるためのハシゴだったのかもしれないと感じるくらい、大きな視野が開けてくるのです。』

と、このように書かれています。

27度で自分の目標に向かい、高く険しい山を登って頂上に辿り着いた、この28度で一つの考え方や、物の見方は大きく破られ、新しいモノの見方が身に付きます。

そして、そこで得られた達観的な目で、今までの自分を見直してみた時、
自分にとって本当に重要なものが何であるのか?などが、本当の意味で解ってくるのではないでしょうか?

全てを一人で仕上げたことなど
この世に一つも無いと知る

我が我がと気負ってきたが
別の山には、別の王
他の国にも、別の王

それぞれの頭上に
それぞれの神

幾多の光が落下している

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
山羊座1度>
山羊座2度>
山羊座3度>
山羊座4度>
山羊座5度>
山羊座6度>
山羊座7度>
山羊座8度>
山羊座9度>
山羊座10度>
山羊座11度>
山羊座12度>
山羊座13度>
山羊座14度>
山羊座15度>
山羊座16度>
山羊座17度>
山羊座18度>
山羊座19度>
山羊座20度>
山羊座21度>
山羊座22度>
山羊座23度>
山羊座24度>
山羊座25度>
山羊座26度>

サビアンシンボル活用法・山羊座27度『山の巡礼』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA