サビアンシンボル活用法・山羊座24度『修道院に入る女』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1054★                                山羊座24度『修道院に入る女』

座った場所に溜まった過去を
すくい集めて、また旅をする

新しい「何か」を捜し歩いて
出会うことで変わる自分を
期待し、生きる糧にしてみる

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

今の環境に飽きてしまった方も
行き詰まりと閉塞感に苛まされている人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
山羊座24度
『修道院に入る女』

★今日のキーワード

『根本』

7つの開運行動

★自分の人生の高みを、自分で制限してしまわないように

★才能・能力の開花を望むなら、自然に任せているだけではなく選択と努力を

★本当の権力者は、表で目立ったパフォーマンスはしない事が多い、と知る

★伝統的な世界(宗教・道)の中には、人生を豊かにするヒントが多くある

★社会の源流は、裏側でひっそりと、しかし脈々と受け継がれている、と知る

★自分の属している文化のルーツをたどってみる

★社会生活からは逃避せず、※傾注する事なく、適度な距離を保つようにする

 

修道院とは、キリスト教において修道士がイエス・キリストの精神に倣って、祈りと労働、学問を中心とした共同生活(修道生活)をするための施設です。

不幸な環境から命を守るための『駆け込み寺』と似たようなイメージを、修道院に持つ方も多いかも知れませんが、24度のシンボルはそのような消極的な意味ではなく、むしろ全く新しい場所に身を置き、また違った角度・観点から社会の深い場所を覗きたいがゆえの積極的行動を始めた状態であると言えます。

23度で社会の仕組みを知り、余裕が出てきたため更なる人生の発展を試み始めるのが24度ですが、

この度数では、裏も表も知り尽くした『居心地の良い居場所』を離れ、『人間の、より根本的な世界』を目指してゆこうとしています。

松村先生は著書の中で、

『自分が属している社会を支えている伝統の中にある、より奥まった、力の源の場所にたどり着こうとします。そのことで、表面的な実務能力や野心発揮の場からは離脱したかのように見えるかもしれませんが、実際には引退でもないし、消極的になったわけでもありません。もっと根本の力をつかみ取りたいという野心が隠れています。』

と、このように書かれています。

人が生きる上での根本ともいえる『衣・食・住』を自身の手で行う『自給自足』の日常、
そして、極めて閉ざされた空間の中で極限まで精神性と向き合う特殊な環境。

そこで何が見えてくるのか?

伝統・文化・ルーツそして、根源。
それらを学び、体得して、社会活動へと役立てる為の準備を着々と行っているのです。

全てのことを許されたなら
私は何をするだろう?

目に見える世界が覆い隠した
内なる源流の果てを見てみたい

日がな一日労働に従し
静かに月が昇るその頃

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
山羊座1度>
山羊座2度>
山羊座3度>
山羊座4度>
山羊座5度>
山羊座6度>
山羊座7度>
山羊座8度>
山羊座9度>
山羊座10度>
山羊座11度>
山羊座12度>
山羊座13度>
山羊座14度>
山羊座15度>
山羊座16度>
山羊座17度>
山羊座18度>
山羊座19度>
山羊座20度>
山羊座21度>
山羊座22度>

サビアンシンボル活用法・山羊座23度『戦争での勇敢さをたたえる二つの賞』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA