サビアンシンボル活用法・山羊座6度『暗いアーチのある小道と底に敷かれた十本の丸太』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1021★                                山羊座6度『暗いアーチのある小道と底に敷かれた十本の丸太』

それは誇示欲?それとも奉仕?
私生活さえ削り減らして
臨み、敗れて戦士は横たう

組織が捕え飲み込むものは
お金にまつわる事だけではない

人の熱意も
想いも夢も
大げさではなく命さえ
その足下に投げ出していく

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

会社との距離感が掴めない方も
プライベートとのバランスに悩む人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

 

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
山羊座6度
『暗いアーチのある小道と底に敷かれた十本の丸太』

★今日のキーワード

『犠牲』

7つの開運行動

★共通の敵を作ると、集団の結束は強まる、と知る

★うわべだけの奉仕で無傷な様子では、人に感銘を与えられない

★自己犠牲の精神を見せるのは、集団を巻き込んでいくのに効果的である

★組織に骨をうずめる程尽力する姿は、続く者のへ決意を固くする

★自己を犠牲にしても構わないという程の気概は地位や力を得る近道

★身体的にも精神的にも組織(理念)と合致する事で出世は近づく

★責任者や中心人物に自己犠牲の精神があると、環境全体に勢いが増す

 

集団を引率して、実利を得ていくサインである山羊座は『自身』と『組織(または集団)』との関りについて適応性を広げるための多くの体験が用意されています。

まずは、自分と他者(射手座1度)。
これは1対1(自分対他人)、もしくは1対数名(自分対小さな集団)の関係性を指します。

1度で人の前に自分をさらした時、瞬間的に自分が支配権を取ろうとして軋轢が起きました。

2度は、そのプレッシャーを跳ね除けようと強行突破を試み、あえなく玉砕し、酷く痛みました。

そんな中でも、本当の積極性を奮い立たせ仲間と心を通わせ、喜び勇んで、より大きな外部に戦いを挑んだのが5度。

結果は惨敗。

6度のシンボルは物悲しく、恐ろしい言葉が並んでいます。
『暗いアーチのある小道と底に敷かれた十本の丸太』
もしかしたら、この『十本の丸太』とは、5度での戦いに敗れ犠牲となった者たちの死体ではないか?という推測も書かれています。

また、著書の中では、

『仕事をしたり共同体との関係を作り出す上で、自分自身をその環境の犠牲にすることで地位や力を得ることになります。人柱になる傾向があるのですが、本人にやる気が出ると関わる環境全体に勢いが出てきます。』

と、このように書かれています。

日本にも古来には、村や集団を守るために『生贄(いけにえ)』としての『人柱(ひとばしら)』をたてた歴史がありますが、

想像するまでもなく、誰だって人柱になんか絶対になりたくありません。
勿論、家族の誰かが人柱になる事だって、それこそ死ぬ思いで阻止したいところでしょう。

それでも、それを容認するのは『大人意識』です。

子供(実際年齢ではなく精神的な子供)なら「嫌だ―」と泣いてごねる事で周りを困らせ、主張を通すところを、大人(実際年齢ではなく精神的な大人)は、そうは出来ないことを知り、そのようにはしません。

私的感情的に言えば絶対に嫌に決まっているけれど、公的立場で考えれば嫌とは言えない、それは組織(集団)の為ならば、甘んじて犠牲になるしかない…そんな判断を大人は時々下します。

山羊座は野心の強い星座ですがそれは、
『自分が上に立つ事で、その組織をより良く出来るのではないか?』という自信と共に、
『組織と心理的にも合体し、人柱のように組織に身を委ねる覚悟を自分は持っている』
という、覚悟が作り出す『大人意識』から生まれるもののような気がします。

そして、第2グループの中ではその『大人意識』と『奉仕』について学び、より大きな『適応性』を身に付け、リーダーとしての資質を育ててゆくのです。

小鳥が我が身の羽を引きちぎり
より盤石な巣を作るように

会社の為に流す血も
同じ『愛』に基づくものなのか?

それとも倫理に伴う使命
崇高な犠牲を望む心だろうか?

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
射手座25度>
射手座26度>
射手座27度>
射手座27度>
射手座28度>
射手座29度>
射手座30度>
山羊座1度>
山羊座2度>
山羊座3度>
山羊座4度>

サビアンシンボル活用法・山羊座5度『カヌーを漕ぎ、戦争の踊りを踊っているインディアン』

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA