サビアンシンボル活用法・牡牛座22度『荒れた水の上を飛ぶ白い鳩』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★

★Code no,252★                                牡牛座22度『荒れた水の上を飛ぶ白い鳩』
裸の丘で夢の尻尾を
追い求め、倒れ、眠っている君

弱き私は、愛と毒とを
与え未来の拘束をした

言葉の羅列で行く手を塞ぎ
荒れた波に巻き込み引き入れ

出発の朝を台無しにした
天空の声も聞こえぬ素振りで

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

自分を取り戻したい方も
もう一度仕切り直したい方も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
牡牛座22度
『荒れた水の上を飛ぶ白い鳩』

★今日のキーワード

『報酬』

7つの開運行動

★自身が経験してきた中に、今の問題を解決する鍵が隠されている

★一つの道を極めた経験がある人は、他の道でも突破する術を持っている

★迷った時や進めなくなった時は、基本に立ち戻ることが解決の近道

★基本をしっかり押さえていれば、繰り返しの中で自然に解決へと向かう

★自分が直面している問題は、誰かが必ず越えた経験がある、と知る

★確実に積み上げた技術に、長年培った勘が加われば、多くの問題は解決できる

★正々堂々と生きることが、成功への近道である

 

水(海)は、サビアンシンボルの中では『感情・情緒』そして『集団的意識』を司ります。

牡牛座22では、その海が荒れて波立った時(危機の到来)、どこからともなく『白い鳩』がやってきて、『しがらみ』に飲み込まれずに事なく天上への道を先導してくれるのです。

牡牛座21度では伝統的な『書物』を指さす事で、未来を切り開く道の啓示を受けようと試みていました。

22度では、自身で指を動かさずともこんどは、自然界から遣わされた『白い鳩』が現れる事で『問題解決』『危機からの脱出』、または『より良い未来への方向性』を伝えてもらい、救われるのです。

これは、とりもなおさず今まで積み重ねてきた『文化』に従って生きてきた恩恵であり『奥深く備わった知恵』であると言える。

松村先生は著書の中で、

『伝統的な道に従っている人は、危機がやってきた時にも、その伝統の中に回答を見いたすことができます。この度数の場合は、個人的に思い悩むよりも、自分が従っている伝統の基本に戻ることで、問題は自然と解消されることになります。』

と、このように書かれています。

一つの『文化』という枠の中で、自身の感情や欲を越え、『規律』に従い伝統を繋げてきた者(道を極めた者)は、他の道であっても到達点を見出すことが易いこととも通じているかも知れません。

忠実さに対する恩恵は宇宙の法則として存在します。

繰り返し心身に染みこませた『思想』は、その人を生涯助ける『美学』を作り上げていきます。問題が起こった時には、解決のために右往左往せずとも、心を落ち着かせ自身の美学と思想の基となった『法則』を思い返してみれば、おのずと正しい道が開かれていくのです。

まるで地を這うカタツムリのよう
情と道理で囲いを強める

君は私を悠々と越えて
光を見出すその時が来た
翼の化身が戸口を叩く

願わくば、そう、忘れてしまえ
振りほどき、過去の輪廻でさえも

君が一粒の雨も持たず
飛んでゆくのを今なら待てる

何を選んで、どこへ降り立つ?
この世を彩る幾万の色
たった一つの希望の白へと

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

コチラも併せてご覧ください ↓
牡牛座1度>
牡牛座2度>
牡牛座3度>
牡牛座4度>
牡牛座5度>
牡牛座6度>
牡牛座7度>
牡牛座8度>
牡牛座9度>
牡牛座10度>
牡牛座11度>
牡牛座12度>
牡牛座13度>
牡牛座14度>
牡牛座15度>
牡牛座16度>
牡牛座10度>
牡牛座11度>
牡牛座12度>
牡牛座13度>
牡牛座14度>
牡牛座15度>
牡牛座16度>
牡牛座17度>
牡牛座18度>
牡牛座19度>
牡牛座20度>

サビアンシンボル活用法・牡牛座21度『開いた本を指す指』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA