サビアンシンボル活用法・牡牛座度『新しく形成される大陸』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★

★Code no,244★                                牡牛座度『新しく形成される大陸』
そんなに単純なものじゃないはず
耐え難い、この胸の痛みも

切り取ってそれで終わりじゃない、と
言い訳だけが上手くなっていく

背後に隠し、かばうは『本音』
光へと昇る泡を見ながら

いつか、そのうち、その時が来たら…
そう言い聞かせて、黙らせてきた

振り切れぬ過去に立ち向かえぬまま

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

自分を自由に表現したい時も
調整を願う、そんな日も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
牡牛座19度
『新しく形成される大陸』

★今日のキーワード

『信じてみる』

7つの開運行動

★自分らしさを明確に表すためには、不要と思われるモノを手放す

★物事に対しての機敏な対応を願うなら、頭の中を空にしておくと良い

★しがらみに捕らわれず、偏見も取り除いた『本来の自分の目』を意識してみる

★拘束から抜け出し、自分を信じて生きる道も模索してみる

★人の目や評価など、気にせず自分を存分に発揮する機会を作ってみる

★主観や思い込みで、可能性を狭めていないか?チェックしてみる

★失敗を人のせいにしていると、いつまで経っても自分の人生が始まらない、と知る

シンボルに描かれている『大陸』が浮かぶのは『大きな海』です。
海の水は感情を表し、大陸を囲んでいるのは巨大な集合無意識。

そこに存在を続けていくだけで、いつの間にか自分の意思に関わらず侵食され塗り替えられていく程の影響力が詰まっています。

牡牛座18度で、今まで溜めてきたモノ全てを窓から捨て去り、大衆の目前にさらす挑戦をやり遂げたわけですが、手放した中には過去に良かれと思って集めてきた知恵だとか、定義だとか、自分らしさのこだわりなども含まれていましたから、一旦まっさらな素のままの自分、空っぽな状態に立ち戻った事を表します。

松村先生は著書の中で、

『何も考えない空っぽの精神の中では、いろんなことが思い浮かびます。これは一つの根本的な直感力だとも言えます。それに従って生きることは、変化の激しい生活になりがちですが、しかし自己に忠実だという満足感があります。義務に縛られず、気ままな暮らしをしたくなりますが、実際には、そのときこそが一番信頼性の高い、いわば高性能なマシンとでもいうべき精神の状態となっているのです。』

と、このように書かれています。

心細くなるほど、余計なモノをそぎ落とした後に残ったものは、心の奥底に隠してきた『本当の気持ち』でした。

第4グループで模索してきたのは『深い哲学的資質を自分の内から発掘する』事でしたが、
この19度では上側に積み上げてきた「こうであるべき」といった意識の定義や、
「こうでなくてはならない」といった体裁やこだわりをすっかり取り除き、本当の望みを掘り当てるのです。

そこから始まるのは『ごまかしのない本来の自分』。
これから、それを忠実に表現していく段階へと入ります。

自分の人生なのに、自分が主人公じゃなかったシナリオはもう終わりです。

楽に息が吸えるようになった時初めて、
いかに今までの自分が不自由だったか、気付く事もあるのです。

治りたがらない病人のように
慣れ親しんだ痛みを死守して

無くなったモノに愛情を注ぐ
まるで屍を抱くかの如く

ひとつ、試しを投げこんでみよう
気楽な一歩が風向きを変える
そんな奇跡も残されているはず

顔を上げてみる
まずはそこから

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

コチラも併せてご覧ください ↓
牡牛座1度>
牡牛座2度>
牡牛座3度>
牡牛座4度>
牡牛座5度>
牡牛座6度>
牡牛座7度>
牡牛座8度>
牡牛座9度>
牡牛座10度>
牡牛座11度>
牡牛座12度>
牡牛座13度>
牡牛座14度>
牡牛座15度>
牡牛座16度>
牡牛座10度>
牡牛座11度>
牡牛座12度>
牡牛座13度>
牡牛座14度>
牡牛座15度>
牡牛座16度>
牡牛座17度>

サビアンシンボル活用法・牡牛座18度『バッグを窓から外へ出している女』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA