サビアンシンボル活用法・水瓶座28度『倒され、のこぎりで切られた木』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1163★                                水瓶座28度『倒され、のこぎりで切られた木』

卒業と言えば、感傷が増し
移行と書けば、白けてしまう

過ぎた時間と成長の軌跡
年輪の間に閉じ込めた夏

一粒の種子がその手を伸ばし
そこへ降り立つ理由を知るまで

根を張り、枝葉に力を蓄え
救いも希望も、増やしていった

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

会社や居場所を変えたい時も
転職や転機を探している時も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
水瓶座28度
『倒され、のこぎりで切られた木』

★今日のキーワード

『ステップ』

7つの開運行動

★変わっていく状況の中では、やむを得ない別れもある、と知る

★親しい場所や、人と別れても、それまでの経験や記憶、大事なことはちゃんと自分の中に残る、と知る

★自分の中にある、努力の結果や開花した能力、得た技術を信じて人生を再構築する

★自らで人生を切り開いていく覚悟を決めなければ、いつまでもそのままになる

★何かを手放す時は、または何かと切り離された時に感じる孤独感は、大切な経験になる

★ある程度成長し、そこでの経験値が満たされた時、そこからは離れる時期となる

★感情のコントロールが出来るようになれば、次の行動も正確に気付けるようになる

 

26度では感情・身体・思考をコントロールした上でそれらを統合し注意深く事を進める技術・科学的知識、そして管理能力も会得し、27度で、自身の心情も的確な方法で相手に示せるようになりました。

置かれたその場所で、出来得る限りの成長を充分遂げた後は、次のステップが待っています。

そもそも、水瓶座は何物にも支配されない『自由』を信条の基盤とし『どこでも通用できる自身』を目標にここまで進んできたのです。

その目標が完結された今、従属していた環境や文化からは離れ、自らが中心となって独自の世界を発信していく形へと発展していきます。

松村先生は著書の中で、

『心の底で信じていた親しい人との絆が断ち切られ、自分が孤立無援の中に生きているような感覚を味わいやすい時期です。しかし、心の中で誰かに依存している間は、本当の意味で自分の意思を見出すことはできません。これまで、進行していた流れがストップした時、自分に戻るとは何か?真剣に考えてみると正しい回答が得られます。』

と、このように書かれています。

シンボルに描かれている『のこぎりで切られた木』は、苗木からその土壌の有機物を取り入れ立派に成長を遂げました。

次なる使命は、様々なモノへと形を変え、社会に役立つために切り倒され、運ばれてゆくのです。

人間も、その場所で学んだ有機物(地しい・感性・技術)が満ちた時、次のステージへと進みます。

今は未だ、具体的に何をしたら良いのか?見つけられてはいないかもしれません。
それでも、これまでに身につけた能力によって、いかなるところでも適応できるだけの準備は整っています。

自由と豊かさ、そして楽しさが融合された未来、そこに向かう具体的な準備をする時期は、
思うよりも早く、しかも、突然にやってくることも多いのです。

切り倒されたのは一瞬の事
怒り・絶望、喪失感さえ
そして不安も押し寄せたきた

私そのものが完全となって
足りない物がなくなった時

まだ見ぬ世界に身を運んでいく
次に出会うべく、誰かのために

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
水瓶座1度>
水瓶座2度>
水瓶座3度>
水瓶座4度>
水瓶座5度>
水瓶座6度>
水瓶座7度>
水瓶座8度>
水瓶座9度>
水瓶座10度>
水瓶座11度>
水瓶座12度>
水瓶座13度>
水瓶座14度>
水瓶座15度>
水瓶座16度>
水瓶座17度>
水瓶座18度>
水瓶座19度>
水瓶座20度>
水瓶座21度>
水瓶座22度>
水瓶座23度>
水瓶座24度>
水瓶座25度>
水瓶座26度>

サビアンシンボル活用法・水瓶座27度『スミレで満たされた古代の陶器』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA