サビアンシンボル活用法・水瓶座1度『古いレンガ造りの伝道所』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1111★                                水瓶座1度『古いレンガ造りの伝道所

許せなくて、のみ込めなくて
胸が吐き出す、怒りのカタマリ

頭ごなしに潰され、捨てられ
思い余って、町を飛びだす

森の外れに見えた灯かりに
辿り着いて、途方に暮れた

もう戻れないのに
帰るところも
行く当てもなく、明ける朝

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

思い切り、現状を変えたい願う時、
新しい世界に、足を踏み入れる時、

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

 

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
水瓶座1度
『古いレンガ造りの伝道所 』

★今日のキーワード

『衝動』

7つの開運行動

★色々試しても理想とのギャップが埋められないなら全く新しい場所へ行く

★場所が変われば、常識や体制も全く変わるという事を知る

★今あるモノを手放すと、代わりに新しい何かが手に入る、と知る

★常識・枠・ルールなどを超えて、自分で自分の居場所を作る勇気を持つ

★誰もやっていない事でも、自分なら出来る!と信じ、準備を始める

★自分の理念や理想を、明確にまとめてみること

★実現したいこと、感じたい感情、本当に欲しいモノを明確にまとめてみる

 

シンボルになっている『伝道所』とは『世に教えを広める』目的で、作られた場所の事です。

山羊座体験の中では、古い体制とのぶつかり合いの中で、砕け、あがき、矛盾を感じながらも「社会とはこういうものだ」と諦め、最後は秘密の会議を開きながらも旧社会の支配下に留まる形で締めくくりました。

その、飲み込んだ憤りを手渡されたリレー選手のように、
勢いよく『旧体制』から、急発射をするのがこの水瓶座1度になります。

松村先生は著書の中で、

『理想を実現するために、住み慣れた環境から離れて、新しい環境を作り出したいという意思が強まります。理想とする理念の実現には場所はあまり関係ないのだということを意識することも多いでしょう。』

と、このように書かれています。

1度は各星座の特性を強く打ち出す、衝動的ともいえる力強いサインになります。

本能をそのままを取り出したような、直球の内なるエネルギーには、とうてい抗うことは出来ず、行動が引き起こされます。

水瓶座は『風』のサインですが、なかなか頑固な面も持ち合わせていて、こうと決めたら譲らない性質でもあります。

その場所で、理想の実現を叶えたかった山羊座に対し、水瓶座は実現できるなら場所にはこだわらない、と振り切って旧社会を出ていくような、そんな流れでしょうか。

これから30度の変化をみせる『水瓶座経験の旅』は、束縛からの解放、
常識や古い体制から逃れて、新天地へと駆けだすところから始まるのです。

ドアを開けたその手を見た時
なぜか懐かしさがこみ上げた

弱くても良いと、その人は言う
生きているだけで良いのだと

新しい町、新しい暮らし
何が始まるか?は分からない

虫・羊・人、どれも正しい
脳が指し示す、新しい道へ

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
山羊座20度>
山羊座21度>
山羊座22度>
山羊座23度>
山羊座24度>
山羊座25度>
山羊座26度>
山羊座27度>
山羊座28度>
山羊座29度>

サビアンシンボル活用法・山羊座30度『秘密のビジネス会議』

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA