person in black long sleeve shirt covering face with face

サビアンシンボル活用法・水瓶座6度『ミステリー劇の演技者』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★


★Code no,1121★                                水瓶座6度『ミステリー劇の演技者』

そこに魂が入っていなくても
人は勝手に、魂を見る

その実、何の意味が無くても
受け取る人は、意味を加える

こちらが差し出すモノがそのまま
真っすぐ届くと限らない

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

人との付き合い方が下手だと思う時も
どうやればもっと上手くなれるのか?と悩む時も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

 

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
水瓶座6度
『ミステリー劇の演技者』

★今日のキーワード

『逃げ道』

7つの開運行動

★仕事上においては、本音で相手とぶつかることが良いとは限らない

★誰もが、相手を自分に都合よくイメージする傾向にある、と知る

★他人と一緒に居る時、最初から最後まで本音で生きている人などいない

★その場に必要な役割を演じる事は、自分の為にも周囲の為にもなる

★その場所で、周囲は自分に何を求めているのか?を考えて行動してみる

★まず、自分がやりたい、ではなく人が自分に求めている事をこなしてみる

★仕事や社会で必要となる人間は、例にもれず、人が欲しいモノを与えられる人である

 

水瓶座1度~5度の体験で『旧社会からドロップアウトして理想の社会生活を追求する』という大きな目的を達成しました。

結果、まだキチンとした形状は出来上がってはいないものの、目に見えない後ろ盾に励まされて独自のスタイルを築き始めようと試みます。

肉体や自我、空間や時間からも解放され、心が共鳴するものを目指し、納得のいく居場所を求めて進みます。

水瓶座6度は、その試みを始める一歩。
自分のスタイルを自由自在に操る事が出来れば、生きる場所さえその時々で見つけることが出来る、と気がつくのです。

松村先生は著書の中で、

『社会の中で人が生きるべき立場や個性に自分を同化させるべきではなく、あたかも演劇においての役者のように演じるべきものだと考えます。自己と社会の仮面を分離させて、心は自由になろうとするのです。』

と、このように書かれています。

そもそも、社内の規律からドロップアウトして自由人として生きようと強く心に決めた、最後の一押しは、水瓶座3度です。

『海軍の規律』という大義名分のもと、個人感情までを支配されそうな勢いに反発し、ここまで来たのです。

とはいえ、人と上手に関わろうと思ったら、常に自分の感情を優先させるわけにはいきません。

それを知った時『演者』になる事で、心の逃げ場を作ろうとしたのだと思います。
『服従しているのは、自分ではなく、自分が演じている役柄である』
そう考えて行動すれば、摩擦も邪魔も、避ける事が出来るどころか、より関係性を円滑にする事さえ出来るでしょう。

全ての人間と、深い関係になるわけはないのです。
まずは、心の自由を。

それを確保しない事には始まらないのです。

自分が見たいものを、人は勝手に見ようとするもの
決めてかかって、一喜一憂

ならば、初めから『本当』は無いのだ
ある必要でさえ、無かったんだ

幕が上がる、今日もまた
望む誰かを演じ続ける

秘密の決意に望みを託す

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)

コチラも併せてご覧ください ↓
山羊座25度>
山羊座26度>
山羊座27度>
山羊座28度>
山羊座29度>
山羊座30度>
水瓶座1度>
水瓶座2度>
水瓶座3度>

サビアンシンボル活用法・水瓶座4度『インドのヒーラー』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA