flat lay photography of purple and red leaves

サビアンシンボル活用法・蠍座18度『豪華な秋色の森』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★





★Code no,843★                               蠍座18度『豪華な秋色の森』

誰にも聴こえない『声』を聴き
人には見えないモノを視る

内側の音に合わせて沈み
緻密な模様を解き明かしていく

その繰り返しは自分を救い
いつの間にか、周囲も救う

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

自分の才能を世に出したいと思う方も
輝かせる方法を見出せない人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

 

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
蠍座18度
『豪華な秋色の森』

★今日のキーワード

『集中と解放』

7つの開運行動

★努力を続けた先の良い成果や評価は、素直に受け取る

★自分をもっと認めてあげる

★自分に自信がもてないなら、一つの事を集中してやり遂げてみる

★あれもこれもと、色々手を出さず、まず1つ小さな完成を目指す

★オンとオフ、集中と解放を日常の中で意識的に行ってみる

★自分では気づかないうちに、人間的な成長を遂げている事もある

★何かに取り組む熱量やひたむきさは、人を惹きつけ寄せ集める

 

外部から受けた影響を取り込み、自分なりの理解と消化を経て、自身の変容を推し進める作業は続きます。

より強力な力を外部に求めていた蠍座は16度で『未知なる意志』に気付いたわけですが、それは『求めていたものは自分の中にある』という一つの真理でした。

それまで、

『(人に好かれるため)関係性を繋ぎ止める為には何をし続けなければならない』と考えていたのに、

『ありのままで良い』『ただそれを受け入れるだけで充分』

という、新しい陽光は蠍座の内部を照らし、大きく開き、受容性は広がりました。

取り込んだ(受胎した)未知なる意志を17度で大いに育みます。
まだ、何ができあがるか?は、自身にさえ分かりません。
ですが、確実に内側に宿り、育っていく『未知なる思想』を、喜ばしく感じていたに違いありません。

この18度では『集中して育て上げ、完成させて解放する』という体験をします。
子育てを行う段階で、母親もまた人間的成長を遂げるように、少しずつ、少しずつ、努力の成果を手に入れることができる時期です。

『秋』は実りの季節。
『豪華な秋色の森』というサビアンシンボルが、森の豊かな実りを通じて、今までの道のりが違っていなかったという事を証明してくれているようです。

松村先生は著書で、

『自分に閉じこもる事と自分を解放することを交互に繰り返すことで、少しずつ成長してゆきます。未知の題材に取り組む時には周囲にも秘密にしますが、確実な成果を得ると、それを人に公開し、多くの人に貢献できる仕事ができます。』

と、このように書かれています。

受胎した時も、一時的な安静は必要です。
知識を得た時も、自分がかみ砕き落とし込むまで、外部を遮断して内なる作業を進める事で上手く完成へと繋げやすくなります。

それは、さながら『大自然』のサイクルの如く、春の種蒔きから始まって秋の収穫までの順当な流れを辿っているようです。

『集中して行う(オン)』
『解放して、休む(オフ)』
規則正しいリズムで事を運ぶことが、結果的には良い状態を長く続けるコツである、とシンボルは教えてくれているようです。

受胎した未知の題材を
内の中で大いに育む
集中的に構築をして
完成させて一気に吐き出す

その人にしかできない事柄はある
それは誰でも、一つは持っている

自分の内側をもっと信じる
もうすでに随分成長しているよ

あとは、四季を体現するように
育て、解放を繰り返す

自分の内側をもっと信じる
すでに充分、成長しているのだから

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)


心理占星術のためのサビアンシンボル

コチラもご覧ください ↓
蠍座1度>
蠍座2度>
蠍座3度>
蠍座4度>
蠍座5度>
蠍座6度>
蠍座7度>
蠍座8度>
蠍座9度>
蠍座10度>
蠍座11度>
蠍座12度>
蠍座13度>
蠍座14度>
蠍座15度>
蠍座16度>
https://www.honraido.jp/archives/3494


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA