four clear glass cruets

サビアンシンボル活用法・蠍座2度『割れた瓶とこぼれた香水』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★





★Code no,812★                               蠍座2度『割れた瓶とこぼれた香水』

決して外部に漏れぬようにと
口をしっかり塞いでおいた

おくびにも出さずに隠し通した
自分の中の、本当の気持ち

突然の衝撃と慟哭のショックで
思いがけずに漏れ出た香り

守り通した秘密の思いが
飛び散り、まるでほとばしるように

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

心から信頼できる関係性を求めて
長い旅を続けている方も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
蠍座2度
『割れた瓶とこぼれた香水』

★今日のキーワード

『開示』

7つの開運行動

★心で強く思っていても、言葉にしなければ伝わらない

★傷つく事を恐れていたら深い関係は築けない、と知る

★心の底からの交流を求めるのなら、自分の殻を壊すこと

★遠慮しあい、お互いの距離を取りながら関係性を深める事は出来ない

★心に決めた相手ならば、時に自分から強引に自己開示してみる

★傷つかず、痛めず、遠巻きに見ているだけなら進展はない

★感情をむき出しにすることは、時に急速に人を結びつける

 

1度の『観光バス』で始まった蠍座体験に対して起きた反応が、この2度になります。
ここでの『瓶』とは、『入れ物』の事。大勢の人を入れた『観光バス』も入れ物であるし、心や肉体を入れた『個人の人格』もまた、入れ物です。

個人と個人は、肉体的・精神的に充分な距離を保つ事で、お互いのテリトリーは守られ、不要な争いを避ける事に繋がります。その為、普段の生活、日常の中で私たちは無意識にそれを選択し、ルールを守った形の行動を心がけています。

しかし『閉ざされた空間』『近い距離』『長時間』という条件が揃うと、日常は非日常へと変化し、こういった環境の中で過ごすうちに事態は変わりやすくなります。

加えて、バスの急停車や急カーブという物理的な揺れ、そして個人個人が抱えているそれぞれの心の揺れや、心境・感情…。これらが重なると『お互いのテリトリーを犯さない』という『暗黙のルール』は、いとも簡単に崩れていきます。

蠍座体験の中で学ぶのは、外部の『何か(人または、その他)』と結びつき、融合させる事で変容をしていく事。

一つ前の天秤座のように『お互いを尊重した』丁度良い距離間の中で、友好的な関係性を広く浅く持つ、という形とは全く異なった方法で、それは進んで行くのです。

松村先生は著書でそれを『紳士協定を結ぶ天秤座、内臓移植をするように深く結びつく蠍座』という、的確かつ美しい言葉で表現しています。

また、この2度の流れを、

『他人との侵害してはならないお互いのテリトリーが何らかの理由で壊れてしまい、相手の心の中に自分が、あるいは自分の心の中に相手が侵入してしまいます。その時、たいていの人が感情的に激しく反応することでしょう。しかしこれは、他者と深く関わっていく道のりのためには必要なプロセスなのです。正直な気持ちを伝えることが大切です。』

と、書かれています。

『香水瓶』に例えられる『個人の人格』を入れた入れ物が『観光バス』という密度の高い凝縮された空間の中で、揺れ、惑い、接触が重なる中で、思いがけず、ぶつかり、壊れ、漏れ出た様子が、この2度です。

思わず口から出た本音は、時に嫌われ疎まれる要因にもなりますが、急展開に心を結びつける糸口になる場合も多々あります。

喜怒哀楽を共有する事は、人と人が心を通わせる最初のきっかけになりやすいからです。

肩が触れ合うほども近くに居ても、スマートに、楚々と座っているだけでは、何時間たっても心も見えず、解散時間になって別れたら、もう思い出す事さえないでしょう。

でも、窓の景色を眺めながらでも「綺麗ですね」などから始めてでも、徐々に自分が感じた事や好きな事などお互いの壁を意識的に外すように話をすれば、旅が終わるころにはすっかり打ち解けて、生涯の付き合いになる事もあります。

もちろん、いつでもその方法がうまく行くとは限りませんが、少なくとも『誰か』と本当に仲良くなりたいのなら『自己開示』なしでの発展は無いと思います。

一説によると、蠍座は普段は決して本音を出す事が無い為、クールな印象を持たれますが『一点集中型』ともいえる突破力で、決めた事は切り崩すまで(時には過激な方法も厭わない程)手を緩めない、と表現されるそうです。

そんな蠍座が相手と付き合おうと思ったのなら、自身の内臓を相手に(または、相手の内臓を自身に)移植するくらいの距離で融合し、運命を共にしたいと願うのでしょう。

誰かと真摯に向き合いたいのなら、多少の痛みは覚悟の上で『まず、自分を出す』のも、不可欠なプロセスなのではないかな?と思います。

私のカケラが散らばっていく
突き刺さり、滲み、充満していく

その様子を見て安堵した
いつかは開示するつもりだった、と

吉と出るか、凶と出るのか?
それは私にも解らない
だけど

心の底では望んでいたこと
壊して、壊れて、無くなればいいと、
誰の心にも、残れないのなら

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)


心理占星術のためのサビアンシンボル

コチラもご覧ください ↓
天秤座20度>
天秤座21度>
天秤座22度>
天秤座23度>
天秤座24度>
天秤座25度>
天秤座26度>
天秤座27度>
天秤座28度>
天秤座29度>
天秤座30度>

サビアンシンボル活用法・蠍座1度『観光バス』





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA