サビアンシンボル活用法・射手座2度 『白波に覆われた大洋』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★





★Code no,864★                               射手座2度『白波に覆われた大洋』

神に選ばれし者だけが
人の心を掴んで揺らし
動かせるものと思い込んでいた

恵まれた才に
特殊な生い立ち
類まれなる忍耐も持つ

そんな選ばれし存在だけが
輝けるのだと思い込んでいた

people gathering on concert field
Photo by Danny Howe on Unsplash

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

何か勢いをつけたい方も
吹っ切って先へ進みたい人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
射手座2度
『白波に覆われた大洋』

★今日のキーワード

『情熱』

7つの開運行動

★やる気が低下してきた時は、情熱的な人に会ってみると良い

★夢中になれるモノが欲しければ、集団で何か一つの事を行う経験をしてみる

★目標達成の自信が無かったら、先に「やる!」と公言してしまうのも良い

★自分の気分が上がる場所や、力をもらえる場所を探してみる

★パワーの枯渇を感じる時は、大自然の中にしばらく身を置く

★人を動かすコツやヒントは、お祭りやライブなどの中でも得られる

★自分の情熱でも、人を動かし、元気にすることもできる

 

射手座1~5度で体験するのは『闘う事への再評価』です。
1度でお互いに刺激しあった『闘争心』は、湖面に落ちた雫のように、波紋はどんどん広げています。

『白波に覆われた大洋』の大洋は、大きな海の意味を持ちますが、サビアンシンボルの中では『水』が感情を表しますから、海とは『大勢の人の感情が集まったもの』と云えるでしょう。『白波』は風などの『外からの働きによって起きる変化』を表していると思われます。

私はこのサビアンシンボルを読んだ時、(映画『Bohemian Rhapsody』にも使われましたが)、1985年のロックバンドライヴ・エイドで『Queen』のボーカリスト、フレディ・マーキュリーが、ピアノに指を置き歌い始めた途端、会場を埋め尽くした7万人を超える観客が待ち切れなかったかのように、両手を天に挙げ、揺れ、うねりで彼に呼応した映像をイメージしました。

参加型のお祭りの時や、スポーツや芸術などの素晴らしいパフォーマンスを目の当たりにした時など、人は刺激を受けて『内なる感情』に激しい揺れを引き起こすことがあります。

そんな時は沸き起こった動揺を、肉体で表現することでしょう。歓声を上げたり、ウェーブを作ったり。

すると、波はさらに大勢の心を揺さぶり、一体化の中に巻き込んでゆき、集団的活性化が起きるのです。

松村先生は著書の中で、

『大きなイベントなどで盛り上がった時、表面的な興奮だけでなく、環境全体が大きく反応していることに気付きます。そしてこの大きなうねりの中にいつも生きていたいと感じることも多いでしょう。静止状態でなく、動きの中で何かを掴みたい意思が強まり、変化の激しい不安定な状況の中に自分を投じることもあります。』

と、このように書かれています。

自分一人でいる時には、決して味わえない『環境そのものが作り出す動揺とも興奮ともつかないうねり』を体験することで、個人そのものもパワフルになります。

無観客での大会時よりも、観客がいるの場合の方が新記録更新の数が多いように、実力以上のパフォーマンスを引き起こすほど、その影響は多大です。

人は一人で生きているように思っても、やっぱり見知らぬ大勢と共存しているのだと思います。

自分の中で湧いた波を
高めて極めて発信してみる
それは囁く波紋となって、誰かの耳にそっと届く

波は海底の砂を巻き上げ
海全体へと広まっていく

海は人を動かすけれど
人も海を動かせる

まず我が心を固めて備えろ
神は、人を選ばない

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考映像:

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)


心理占星術のためのサビアンシンボル

コチラもご覧ください ↓
蠍座20度>
蠍座21度>
蠍座22度>
蠍座23度>
蠍座24度>
蠍座25度>
蠍座26度>
蠍座27度>
蠍座28度>
蠍座29度>
蠍座30度>
https://www.honraido.jp/archives/3678


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA