grayscale photo of man laying on bed

サビアンシンボル活用法・天秤座14度『正午の昼寝』





★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
すぐに実行できる具体的な行動のアドバイスとして書いたものです。
サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★





★Code no,734★                               天秤座14度『正午の昼寝』
昼も夜もなく歩き回った
行き先見えない、トンネルの中で

なおも出口を求めるのなら
夢の番人に聞くがいい

どんよりとした視界の中に
閃光のようなひらめきと
足元灯を差し出してくれる

lighted lantern lot
Photo by Gian D. on Unsplash

こんにちは紗妃です。
今日を有意義に過ごすサポートとして
サビアンシンボルのお話をします。

トラブル解決を願っている人も
現状をより、進化させていきたい人も

参考にして頂きたいのが西洋曼荼羅
『サビアンシンボル』です。
千里の道も一歩から

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、
天秤座14度
『正午の昼寝』

★今日のキーワード

『無意識の活用』

7つの開運行動

★計画的に実行しても上手くいかない時は良質な睡眠で脳を休息させると良い

★解決のヒントやひらめきが届けられるよう、質問を明確にしておくと良い

★問題の解決の為には、自分の主張を端的にまとめておく

★同じ事を何度も考えるようなら知恵の部分ではなく感覚の所での判断を待つ

★動く・攻めるばかりではなく、休息・安静・静止も入れて心身の均衡を保つ

★交感神経と副交感神経のバランスを意識し、リラックス時間を大切にする

★知識(ロジック)情報に偏らず、感性や想像力(イメージ)も活用していく

 

天秤座体験では、12度の鉱山で掘り得た知識を、13度で自由に膨らませました。
それは、全く非現実的であり、刹那的なアイディアでしたが、
自分も周囲も充分に楽しみ、どんどん放出しつくしました。

この世の全ては『対極』がベースにあります。
吸収(12度)の後には、放出(13度)があり、
膨張(12度)の後には、収縮(13度)が来るのです。

表層的なアイディアでしたが、それでも全てを放出した後は、
空っぽのスランプが訪れます。

このシンボルの別訳は『真昼の暑い時間帯に、男が昼寝をする』です。
幾度考えても、何も浮かばない。
何をどう始めて良いのかも解らない。

真昼の暑い時間帯は、作業効率が落ちる時間です。
熱帯地方の多くの国では、真昼の暑い時間帯、学校も仕事も休息しています。
昼間の暑い時間に人は出歩かず陽が陰り始める午後3時頃から本格的な活動を始めるのです。                            

暑い時間に無理して働く事は、効率が悪いどころか身体を痛めます。
何度考えてもアイディアが浮かばないような状態で、それでもなおかつ、
良い考えが浮かぶまで何時間も粘り続けるのは、
真昼、人気のない灼熱の太陽の元、効率悪いのを承知で仕事を続けるのと
同じような事ではないでしょうか?

シンボルの『男』は、考える事に疲れて眠ってしまったところ、
『夢』の中で、思いもよらなかったような素晴らしいアイディアが浮かび、
それをヒントに問題の解決をした。

以来、『夢』と繋がっている『無意識の世界』に興味を深め、
『無意識』を活用し、未発掘の知恵さえも手に入れ、活用していくのです。

松村先生の著書には、

『まだ言語化されていない未知の真実を発見する時に、眠りや無意識の中に
潜り込み、浮かび上がる過程を利用して解明する能力を持つ人ことを表しています』

と、このように書かれています。

※『下手の考え休むに似たり』という諺がありますが、これを読むと私は目に見えている世界(顕在意識)の小ささを教えてもらっているような気になります。                     

自分の実際の経験や、知恵・知識、努力だけでは及ばない事も
眠るという行為で、それらを閉じると、
脳の中の別の部分が開いたり
目に見えない世界(潜在意識)と繋がり良い知恵が浮かんでくることもあるでしょう。 
                    

歴代の偉人たちが『夢』を活用した例も多く伝えられています。
例えば、ポールマッカートニーは「イエスタディ」を夢の中で完成させました。
エリアスハウは、機会で布を縫う方法を模索をしていましたが、
夢で見た槍をヒントにしてミシンの発明を遂げました。
                  

また、スティーブンソンの「ジキル博士とハイド氏」
スティーブンキングの「ミザリー」なども夢の活用により生まれた作品である、という話は有名です。

一説によれば、
人間の意識全体の中での『潜在意識』(無意識の世界)は95%以上を占め、
『顕在意識』(自覚できている意識的な部分)は5%以下 とも云われています。

大部分を占める『潜在意識』へ繋がる方法として
『夢』の活用を取り入れるのは、決してメルヘンでもなんでもなく、
成功への近道になると、私は確信しています。

足元灯に照らされた道は
思いもよらなかった場所にあり

あっという間に、出口が開いて
私は、一つの確信を得た

私はいつでも一人ではない
守られて、そして愛されてもいる

夢の番人は、数年前
亡くなった父によく似ていたから

bokeh lights
Photo by Matthew Hicks on Unsplash

… 皆様にとって
実り多き一日でありますよう
祈りを込めて
紗妃

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)


心理占星術のためのサビアンシンボル

コチラもご覧ください ↓
天秤座1度>
天秤座2度>
天秤座3度>
天秤座4度>
天秤座5度>
天秤座6度>
天秤座7度>
天秤座8度>
天秤座9度>
天秤座10度>
天秤座11度>
天秤座12度>

サビアンシンボル活用法・天秤座13度『しゃぼん玉をふくらませている子供たち』

『夢の活用・復縁・婚活・転職!願いを叶えるヒントやタイミングが隠されているかも?』





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA