three boys running on field

サビアンシンボル活用法・乙女座4度『白人の子供たちと遊ぶ黒人の子供』

★★★当ブログは、
『サビアンシンボル』を私のフィルターを通して読み解き、
日常生活の中での問題解決のヒントや、すぐに実行できる具体的な開運行動のアドバイスに応用しやすいように書いたものです。サビアンシンボルについての正確な解読を希望される方は、ブログの中でご紹介している参考文献をお読み下さい。★★★

終わった出来事に焦点を当て

積年の恨みを果たそうとする

 

あの時、自分はこうされた

あの日、貴方はこう云った

 

向けた銃口で何を勝ち得る?

 

何年もかけて『弾』にした過去を

大義という名の『銃』に仕込んで

red and gold shotgun shells
Photo by David Levêque on Unsplash

こんにちは紗妃です。

今日を有意義に過ごすサポートとして

サビアンシンボルのお話をします。

 

自分に何かできる事ないかな?と、思った時

人生にもっと、『充足感』を見出したい時

 

参考にして頂きたいのが

『サビアンシンボル』です。

 

何もしないまま、ただ流れていくばかり、と焦る気持ちを和らげる

一つのきっかけになるかも知れません。

千里の道も一歩から

woman standing on ground and surrounded by flowers
Photo by Ana Gabriel on Unsplash

『サビアンシンボルって、何?』

サビアンシンボルとは、

惑星の動きに合わせた度数ごとに詠んだ、

360個の詩文です。

これを使って今日がどんな日なのか?

キーワードや『7つの開運行動』を具体的にお伝えいたします。

★今日はどんな日?

(何を意識すれば良いの?)

今日のサビアンシンボルは、

乙女座4度

『白人の子供たちと遊ぶ黒人の子供』

★今日のキーワード

『公平』

7つの開運行動

★普遍的な愛を、価値基準の中に取り入れていく

★自分はもう既に、多くのものを得ている事に気付く

★普遍的な良識を人に求めるならば、自分も実行する

★やりにくさを感じている事柄について、平等意識に縛られ過ぎていないか?と注視する

★心身の状態が良ければ、良識ある言動を取りやすくなると知る

★肉体と精神の両方、そしてバランスを良い状態に保つよう工夫を続ける

★問題解決を幸福に結び付けたいのなら、意識は『過去』にではなく『今と未来』に向ける

 

「黒人と白人の子供たちが幸せそうに一緒に遊んでいる」

という別訳を持つ、

乙女座4度のシンボルは、

第1グループの『安定』を作り出す度数です。

 

誰の目にもはっきりとわかる、(思想が入り込まず、曖昧さもない)

対比的な肌の色(白と黒)を持っていながら、

ただ平和的に、幸せに

子供たち(過去のしがらみや罪のない存在)が一緒に遊んでいる。

 

そんな姿を目の当たりにすれば、

仮に、人種差別主義者だったとしても

その心には何らかの波が起きる事でしょう。

 

過去の歴史を紐解けば、

色々な問題を再燃させることも十二分に可能です。

でも、

今、子供たちは一緒になって笑っている。

その光景は、『幸せ』であり、

その瞬間には、歴史やルーツや境遇などが入り込む余地も必要もない。

 

松村潔先生の著書には、

『この度数では、人間は同じような器官を持つ肉体として生きているのだから、そこに違いはないという平等意識が発達してくるのです』
『自分の信念にもとづいて周囲を見回した時、不平等や偏見がまかり通っていることに憤慨し、もっと改善すべきだと感じるかも知れません』

と書かれています。

 

乙女座4度が指し示す

『今、目の前に見えているものを全て』として、

心に決まりをつけるやり方は、

なにも『人種差別』というような、

大きい問題に対してだけではなく、

人間関係全般に応用できる、かなり有能な良案です。

 

むしろ、日常的に起こりうる問題の多くはこの良案で

解決できる気さえします。

 

例えば、夫婦

または、親子

友人・知人・同僚・上司…

あらゆる人間関係において

このやり方は、良好な結果をもたらします。

 

その理由は、

喧嘩や争いが収まらない原因に、

『公平さを主張する証拠集めとばかりに

過去の出来事を引っ張り出してくるパターン』

が多いからだと思われます。

 

過去の出来事は、

例えばそれが『決定的な過ち』だったとしても、

どうにも変えられない、ものです。

 

酷く傷ついた、それも本当

もう、死にたいくらいだった、

それも、事実だと思います。

 

だけど、

『過去』を持ち出した時点で目指す目標は、

『平和』じゃなくって『戦争』に変わります。

(やっている本人は気付かないかも知れませんが)

 

傷つけられた傷が癒えないからと

過去の出来事を引っ張り出した時点で

公平さも正義も消え失せて、

個人的な『うっぷん晴らし』へと変化するのです。

 

もし仮に戦争したいなら、

戦争しましょう!と始めるのが公平であるし、

相手の間違いを正す為、

または、理解と平和の為に戦ったと言っても

それも同じ戦争なのです。

brown wheat field during daytime
Photo by Alekon pictures on Unsplash

社会や家庭、恋人関係…などの置かれた立場の中で、

公平さを学び自己鍛錬を進める、

 

『乙女座』体験の中での苦悩は

真面目で律儀な人ほど、厳しいと感じるものかも知れません。

man wearing black hat standing on brown field during daytime
Photo by Allef Vinicius on Unsplash

銃をおろして、話を聞いて

『今』を共に生きる者よ

 

あなたが欲しいものは解っている

それを得たいなら、なおのこと

 

銃をおろして『今』を話そう

『未来』の話に続いてもいい

 

欲しいものは『愛』でしょう

それは、誰しも同じなんだよ

five children sitting on bench front of trees
Photo by Piron Guillaume on Unsplash

… 皆様にとって

実り多き一日でありますよう

祈りを込めて

紗妃

 

参考文献:

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)


心理占星術のためのサビアンシンボル

コチラもご覧ください ↓
乙女座1度

乙女座2度

サビアンシンボル活用法・乙女座3度

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA