Moon magic book on a wicca altar

『無くしモノを見つけたい時は?占い師になりたい方も必見!占い方法の種類と分類、何よりも大切な事』

TELL ME CHANNEL(教えての森)第17回目

『無くしモノを見つけたい時は?占い師になりたい方も必見!占い方法の種類と分類、何よりも大切な事』

silver can on brown wooden table
Photo by Ksenia Yakovleva on Unsplash

こんにちは紗妃(さきゅう)といいます。
占い鑑定で生計をたてています。
鑑定歴は30年以上、鑑定人数は延べで5万人を超えています。
そんな中で得られた開運情報や、気付きをシェアしたいと思い、
毎週(ほぼ)金曜日に『TELL ME CHANNEL(教えての森)』を書き始めました。
最近、また新しい子をお迎えしました。念願の『鯉ベタ!』(可愛いすぎ)。

cat beside clear glass container
Photo by Daniel Tuttle on Unsplash

さて、
こんな事を思った事は、
ありませんか?

「占い師に、
恋愛の事聞いたら当たっていたけど
家の売買に関しては、なんかピンとこなかった」

「相手や自分の性格とかは当たっていたけど
転職時期に関しては、モヤモヤだった」

また、
「身体の事とか、親の健康の事とかって、何占いにお願いしたら良いのか解らない」
子供の受験校選びとか、親の介護施設とかを決めかねている時って、何占いに聞けばいいの?」
「無くした物を、どうしても見つけたい時って、何占い?」

今日は
このように、
迷った時の指針にしてもらえるよう

『占いの種類や分類』について

お話をしたいと思います。
(この記事は3分で読めます)

white ipad on white textile
Photo by Content Pixie on Unsplash

実は、
占いの手法には、
それぞれの分野に、
得手不得手があります。

まず、
占いの種類から話します。
現在は、有名な占術だけでも
50以上あると云われています。

また、
占い師が独自に改良した占術も含めると、
無限大にあるのかも知れません。

独自に改良した、と言っても
殆どは『ベースになっている占術』
があり、

完全にオリジナルの占術というのは、
大変少ないと思います

それでも、
それらを含め、
大まかに分類すると、
4つに分けられます。

(目次)

1,占いの種類4つ

2,『命(めい)』について

3,『ト(ぼく)』について

4,『相(そう)』について

5,『その他』について

6,まとめ

purple geode rock
Photo by Jen Theodore on Unsplash

1,占いの種類4つ

占いの種類は、次の4つに大別することが出来ます。
1, 命(めい)…生年月日など先天的かつ普遍的な情報を元に占う方法
2, 卜(ぼく)…主に道具を使い、偶然性や時間など流動的な情報を元に占う方法
3, 相(そう)…顔や掌など、目に見える物を元に今後の運勢などを占う方法
4, その他…上の1~3のどれにも当てはまらない占い方法

Zodiac Signs
Photo by Josh Rangel on Unsplash

2,『命(めい)』について

生年月日、生まれた時間や場所など、
その人が持つ先天的かつ普遍的な固定情報を元に作成した図表、
または、一定の計算方法を用いて作成した一覧表を基に占う方法で、

『相手の気持ち』『恋愛の行方』など、
変動の大きい物を読み取る事は難しいように思われますが、

性格・運勢・適職・相性・運命の流れなど、
年単位の事や全体的かつ

距離の遠い事柄などを見るのには
最適な方法です。

主な種類』
『西洋占星術』
『東洋占星術』
『四柱推命』
『数秘術』
『気学』
『干支占い』などが有名です。

three assorted cards
Photo by Jen Theodore on Unsplash

3,『ト(ぼく)』について

道具を使い、偶然性を基にして占う方法です。
何がどの位置に出たか?などで結果が変わる為、
年単位の全体的かつ距離の遠い事柄などを見るのには向いていませんが、
数か月先までの短期間の事柄や、

『人間関係』『相手の気持ち』や『恋愛の行方』                       『資産運用』『学校・施設選び』など、                           状況や条件などが細かく変化していくものを占うのに適しています。

また、                                           状況が変わり次第、新たに占う事で、                            より良い未来へと繋げる事も期待できます。
『主な種類』
『タロットカード』
『ルーン占い』
『易』                                         『ペンジュラム』                                    そして、ホラリー・マンデンなど、占った日時を組み入れる『一部の占星術』

※ちなみに、                                        なくしモノを占うのは『易』が良いとされますが、                           読み取りは、大変難しく『失せモノ専門』(易)という分野がある程です。

person holding brown wooden box
Photo by Shreyas shah on Unsplash

4,『相(そう)』について

物の形や様子を占う方法で、
ちょうど、『命』と『ト』の間くらいの時期
(数か月~1年くらい)を占うのに適しています。
形から占うため、
人相占いであれば表情やお化粧などで、
家相であれば家の方角や家具の配置・何を置くかなど
今ある形を、
行動によって未来や運勢を良い方向へと変える知恵を得られる占術です。

『主な種類』
『家相』
『手相』
『姓名判断』

person holding white and brown feather on left hand
Photo by Fernando Lavin on Unsplash

5,『その他』について

前述の3つのどれにも当てはまらない方法です。
他の3つの占術は、
テキストブックやセミナーなどで習得できるのに対し、
『その他』の占いは、
『生まれつき』
『遺伝的』
または、
『生死の境を彷徨ったのちに備わった』
など、
一般的に習得する事は難しい占術と云われています。

その為、
『占い』というカテゴリーからは外す見解を示すものも多いのですが、                    『霊視占い』というジャンルとして加えられることもあります。

前述の3つの占いの得意分野の中の1つ1つ、または複数に対応していたり、                      (『運命を読むのが得意』『人物像を読み取るのが得意』                      『恋愛の行方』『適職についてのアドバイスが得意』など)

他の占術では、難しい分野
(例えば、亡くなった人の言葉・ペットの気持ちを代弁する、など)を             担っていたりします。
特徴は、
『道具を使わず、読み当てていくスタイル』や                       『トランスの状態で話す』という形が多いようです。

『主な種類』
『霊視』
『チャネリング』(イタコも含む)
など…。

 

book open surrounded by lights and leaves
Photo by Natalia Y on Unsplash

6,まとめ

このように、
どんな『悩み』を占うのか?によっても、

開運する為、未来を良くする為、お金持ちになる為、
というように、
どんな『目的』を占うのか?によっても、
最適な占術は変わってきます。

1つの分野でトップクラスの占い師が、
同時に『命』『ト』『相』と、まんべんなく習得されていて、
依頼者に応じて、組み合わせたり、使い分けたりしてくれるのが
理想だと思いますが、

こうしてまとめてみると、
どの占い師が当たる?という事を調べるだけでなく、

自身がどんな『悩み』『知りたい事』を抱えていて、
内容に応じて使い分けるのも、
上手な占いとの付き合い方かも知れません。

(占いの種類、もっと詳細に知りたい方は、こちらへ

そして更に、
より正確性を求めるなら、
『質問をなるべく具体的な内容に絞って相談する事』です。

漠然とした質問の答えは、
漠然としか出てこないもの、だからです。

woman holding tarot cards
Photo by Kayla Maurais on Unsplash

とはいえ、
そのあたりも、依頼者様から読み取り、

言葉にせずとも、
「この方には、何を伝える事が最良なのだろうか?」と
読み取り、
言わんとしている事の、奥の奥までを
きちんと見抜いて、
具体的なアドバイスとして伝える事で、
依頼者様は、スッキリします。
未来に希望を持つ事も出来ます。

私はこれを、
『占い師として何より大切な事』でもあり、
力量の一つだと思っています。

よろしければ、
また『教えての森』にいらしてくださいね。
お待ちしておりますm(__)m

forest and body of water
Photo by Nathan Dumlao on Unsplash

「<h1>『無くしモノを見つけたい時は?占い師になりたい方も必見!占い方法の種類と分類、何よりも大切な事』</h1>」への4件のフィードバック

  1. なるほどスッキリ爽やかに分類されていますね。
    紗妃さんにご相談いっぱい!
    早く対面霊視をお願いしたいです。

    1. H.S 様
      コメントありがとうございます。
      現在はお電話のみでしか鑑定をお受けしていませんが、
      また対面で出来る日が来ると良いな、と思っいます。
      ご自愛くださいね(^^)/

  2. 占いの種類と占いしてもらう内容を合わせて考えたことがなかったので、目からウロコの内容でした!
    知りたいことに合わせて、占いも的確さが変わって来るんですね。知りませんでした!
    これからは、そういうことも踏まえて占いをしていこうと思います。貴重なお話をありがとうございましたm(_ _)m

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA