balloon on sky

保存版・『インナーチャイルドについてのまとめ・自分で癒す手順3つ』

TELL ME CHANNEL(教えての森)第14回目

こんにちは、紗妃(さきゅう)です。

30年以上、占い師をしてきた中で、
解った事を色々とお伝えしています。
今回は、反響の大きい
『インナーチャイルド』についてのまとめと、
自分でカンタンに出来る癒しの手順をお伝えしたいと思います。
(この記事は、読むだけなら5分で終わります。)

今日お伝えする事は、
①『インナーチャイルド』の理解
②自分で癒す『手順と言葉』です。

grayscale photo of happy birthday card
Photo by Cosiela Borta on Unsplash

「もしかしたら、私の恋愛(人間関係)が上手くいかないのは、インナーチャイルドが原因かも!?」
と、気付いたのに、

「でも、催眠療法とか、ヒプノセラピーとか敷居高いし…どうしたらいいの?」
という方が
自身で、自分を楽にさせてあげられます。

更に、
根気強く続ける事で、
自力で未来を変える事も可能になると思います。

もちろん、
一回やったら速攻で、全て解決!
というわけにはいきません。

それでも、

「なんだかわからないけど、生き辛い、

恋愛も仕事もうまくいかないモヤモヤ」

「もしかしたら、インナーチャイルドが関係してる?」

「でも催眠とか、ヒプノセラピーとか、、無理だよ。

諦めるしかないのかな?」

(このブログを読む)

「あ、それくらいないなら自分にも出来るかも」

(実行してみる)

今まで抱えてきていた『生き辛さ』の軽減。
問題解決の糸口の発見に繋がる、

と、いう具合にはなると思います。

少なくとも、
この方法を試した本当に多くの方が、
既に良い変化を得ています。

closeup photo of yellow petaled flowers
Photo by Silvestri Matteo on Unsplash

今日お伝えしたい事

1,『インナーチャイルド』についてのまとめ(理解促進)
2,『インナーチャイルド』を自分で癒す手順と有効な言葉

1,『インナーチャイルド』についてのまとめ

まず、
「そもそも、インナーチャイルドって何?」
という方は、まず↓コチラをお読み下さい。

★TELL ME CHANNEL(教えての森)第13回目
恋愛・結婚にも影響が?!『 インナーチャイルド』って?

★TELL ME CHANNEL(教えての森)第12回目
恋愛・結婚がうまくいかない本当の理由?!『インナーチャイルド』って?

『インナーチャイルド』とは、

『傷ついた事で、成長が止まってしまった子供の頃の自分の心』
(思い残しの感情部分)です。

カンタンに言うと、
3歳~15歳の頃、
(いわゆる物心がついてからの子供時代)に体験した、
強烈な感情を伴う出来事が『心の傷』を作り、
その傷が癒えないまま大人になった人が抱えている
『内側の感情』をいいます。

その『内側の感情』は、
雑踏で迷子になって泣いている、ズタボロの幼い子供に見えます。
(『インナーチャイルド』=幼少期のその人)

3歳の時にヒドく傷ついて、
心が痛んでしまったなら
3歳の『インナーチャイルド』が、誕生します。

3歳のその子は、
実際の肉体が20歳になっても、30歳になっても、
大体3歳のままです。

boy sitting on white cloth surrounded by toys
Photo by Shirota Yuri on Unsplash

ですから、
人によって『インナーチャイルド』の年齢は異なります。
3歳の『インナーチャイルド』を抱えている方もいれば、
10歳の『インナーチャイルド』を抱えている方もいます。

でも、
共通しているのは、
切ないほどに『愛』を望んでいて、
ものすごく『淋しそう』で、
『本当はあの時、甘えたかった』と、諦めた悲しい目をしている事。

子供時代の視野は、とても狭いものです。
大人になれば広がっている広大な世界も、
幼い頃は『親と家庭』が『世界の全て』です。

幼い子供にとって、
「愛されている」と感じる事は、
自分の存在を承認してもらった証ですから、

「愛されていない」事は、
『全世界から存在を否定された事』に等しいと感じるのです。

boy sitting near glass wall
Photo by Marcos Paulo Prado on Unsplash

それでも、

子は親を愛しています。
愛する親を、子は否定しません。

『親が間違っている訳ない、親が自分に辛く当たるのは、自分が悪い子だからだ』
と、親を心の奥でずっと、
親をかばい続けます。

そして

『親の愛を失う』

『全世界から否定される』
という恐ろしい事態を退ける為、
必死に『良い子』になろうとします。

泣きたいほど不安な気持ちを押し隠し
親に笑って欲しくて、
ひょうきんに振舞ったり

叫びたいほど辛くても
親に褒められたくて、
勉強や、兄弟の世話、お手伝いを頑張ります。

私が、クライアントさんの催眠中に見た、
『インナーチャイルド』の多くは、
全く顔の表情がありませんでした。
言葉も話しません。

幼い容姿に、
喜怒哀楽が消えたその顔は不釣り合いで、
いかに長い間、
その子が暗闇でもがいてきたのかを想像すると、
胸が締め付けられました。

silhouette of man riding in bike
Photo by Tim Graf on Unsplash

『インナーチャイルド』問題の深刻なところは、
一代だけで、終わらない事です。

多くは、
『インナーチャイルド』を抱えている親御さんもまた
『インナーチャイルド』を抱えていて、
負のスパイラルを継続している事が多いのです。

さて、
死に物狂いで『良い子』になっているのに、
それでも親が自分に無関心だったり、
愛を向けてくれなかった時、

今度は、
問題行動を起こす事で、
愛を得ようとしたりします。

子供にとって、
一番恐ろしい事は
『無視・無関心』です。

関心が得られない、
という事は、
『親の愛を失う』
『全世界から否定される』という恐ろしい事態の
証明を意味します。

それは、
『死』に匹敵する程
恐ろしい事。

『無視』されるなら、
怒られた方がマシです。

『無視』されるくらいなら、
ぶん殴られた方が
まだ救われるのです。

良い子を続けても、
親が『無関心』だと、
問題行動を起こし始めるのは、
このせいです。

また、
たまたま熱を出した時に、
親が関心を向けてくれたりすると
その子は、
事あるごとに熱が出たりします。

またある子は、
我慢して、
我慢して、
しきれなくなって大爆発した時、
親が少しだけ関心を向けてくれただけで
以来、
我慢と大爆発の行動パターンを繰り返すようになります。

それらは、
彼らが世界で生きる為
やっと編み出した『方法』だからです。

man in black shirt playing piano
Photo by Tobias Rademacher on Unsplash

やがて、
実際の年齢は、どんどん年を重ねていきます。
でも、
『インナーチャイルド』問題は、
終わりを迎えません。

むしろ、
親との関係から、
他人との交流へと変化した、

そこから、
本当の苦しみが始まるのかも知れません。

17歳になっても、
20歳になっても、
30歳になっても、
人間関係に問題が生じた時は、

3歳の頃、5歳の頃、
それなりにうまくいったあの
『熱』を出す(体調を崩す、または崩すフリ)、
『問題行動』を取る、
『我慢と大爆発』、
などといった、
激しい表現方法や
行動パターンで、
問題を切り抜けようとし始めます。

相手の事を本気で好きになって、
どうしても成就したい!と
願えば願うほど、

子供時代に、
親から愛されるため、
死に物狂いで編み出したあのパターン

を、
繰り返します。

なぜならば、
その方法しか、知らないからです。

当然、
人間関係は上手くいきません。
友達も愛しい人も離れていきます。

そして、
やがて気が付きます。

大人になってからの
『ゆっくりと知り合い、関係を少しずつ育む』
という穏やかな人間関係の中では、
うまく機能しない事に。

こんなケースも起こります。
『インナーチャイルド』(心の傷)
を持つ者同士が惹かれあい、
付き合い、

でも、
やがて、
お互いのパターンが表面化し、

お互いが相手に

『自分の欲しいパターン』を求めあい、

ぶつかり合いに発展したりもします。

この場合は、
片方が、
より巧妙なやり方をする事によって、
落ち着く場合もあるのですが、
大抵それは、

お互いが本当に欲しかった『愛』とは程遠い、
『主導権争い』
『共依存』
『支配と服従の関係』

へと変化し、
新たな悲劇を引き起こしたりするのです。

brown ramPhoto by jean wimmerlin on Unsplash
…お読み頂き、『インナーチャイルド』への理解が深まりましたでしょうか?
このように、生き辛さの原因ともなる『インナーチャイルド』ですが、
理解し、上手に向き合う事で、変化させることは可能です。
次の章では、
その方法をお伝えいたします。

②イライラ・怒り・不安・無気力…といった
辛い状態の時、そこから回避できる
『言葉とその使い方』

『インナーチャイルド』の癒しの第一歩は、
その存在に『気づいてあげる事』です。
『インナーチャイルド』が誕生した
背景を探し当てる作業は簡単ではなく
人によっては、催眠でも
数回に渡って掘り起こしを行わないと
見つけ出せない程、深い部分へと
隠し込んでいる場合もありますので、
自身で行う場合は、
『原因』や『背景』を表面化させることなく
行える方法を選択する方が良いでしょう。
(本来堂では、この方法を
『ブラックボックスのまま、消し去る方法』と、
呼んでいて、
余りにも深い闇を抱えた方にも、
一定の成果を出していました。)

text
Photo by Gabe Pierce on Unsplash
(これから話す方法は、最初ノートや、広告の裏などに書き出しながら行うと、より一層うまくいきます)

手順1『自身への聞き込み』

心がザワザワした時、
自身の心の形を、まず言葉で言い換えて(書いて)みて下さい。
例:
「なんか、ザワザワ。不安かな、心配?この気持ちは不安、だ」
(…という感じで書く)

⇒『更に聞き込み』

目の前に幼稚園くらいの子供を思い浮かべて、それを自分の子供時代に置き換え、
優しく聞いてみる。
例:
「何が不安?何が心配?」
「一人になるのは、嫌だ。怖い。不安」
「また、独りぼっちになりそうで、不安。このままずっと一人だったらどうしよう」
(…という感じで、思った事を書き出す。)

手順2『自身への同調』

自分の気持ちに無条件に寄り添ってあげる。
例:
「そっか、不安なんだな。そうだよね。一人って淋しいよね。」
「ずーーっと一人で頑張ってきたのに、これからも一人とか、ほんと心配だよね」
(…という感じで、思った事を書き出す。)

⇒『さらに同調』

目の前のイメージの子供に、自分の子供の頃の話をしてみる
例:
「実はさ、6歳の時親に、産まなきゃよかったって言われてさ、すっごい辛かったんだよね。」
「小学校の時にクラスの〇〇に無視されて、嫌だったなー」
「恋愛も全然続かなくて、どうしたらいいのかな?」
(…思った事を書き出す。)

この時、身体の中の痛い部分を探し、
その部位も書いておく。

「…背中の真ん中が急に重くなった。」
「胃がぎゅーって下がってムカムカ吐き気する。」
「胸の奥が痛い・苦しい」
「頭の左がぎゅーーーって痛くなった。」
…など。

更に、
「足裏は?ふくらはぎは?腰は?お腹は?喉は?」と、
全身をくまなくチェックして、
書き尽くして下さい。

[caption id="attachment_561" align="alignnone" width="300"]toddler girl wears white tank top Photo by Arwan Sutanto on Unsplash
手順3『深呼吸して、寄り添う』

今まで、書いた言葉全てに目を通して、
まず、3回思いっきり深呼吸や伸びをして下さい。

そして、
こんな風に、言ってください。

「しかし、よく頑張ったよ。
色々あったのに、ほんと、よくやった。
偉いね。ほんとに、偉いよ。
良い子だね。ありがとう。
大丈夫、上手くいく。全てうまくいく。」

書き出す形で数回行った後は、
書き出さずとも、嫌な気持ちになった時、
上記の言葉を、口にするだけでも大丈夫です。

また、
自身が子供の時に
親に言って欲しかった言葉をアレンジしたりして
口に出すのもおすすめです。

その場合も、
最後に、

この言葉を付け足して下さい。

「良い子だね。ありがとう。
大丈夫。上手くいく。
全てうまくいく。』

と。

person holding lighted sparklers
Photo by Cristian Escobar on Unsplash

是非、試してみて下さい。
繰り返し、繰り返し行う事で、あなたの未来は、きっと大きく変わります。
…今日のお話は、以上です。
よろしければ、またいつでも『教えての森』にいらしてくださいね。
コメント・ご感想・ご要望も、お待ちしています。
(直接、お電話下さる方が多いのですが、シェアしたいので、コメント欄にお願い致します。)
紗妃でした。

[caption id="attachment_851" align="alignnone" width="300"]photo of woman wearing grey jacket and brown crossbody bag standing beside green leaf plants and trees Photo by IB Wira Dyatmika on Unsplash

 

「<h1>保存版・『インナーチャイルドについてのまとめ・自分で癒す手順3つ』</h1>」への4件のフィードバック

  1. 自分が人よりも愛されたいと強く思う、執着に似たように思ってしまうのは子供の頃の体験からそうさせてしまってるのかなぁと気付きました。よく思い出してみると、良い子を演じないと両親から愛されないんではないかと無理をして心と身体のバランスを崩した事もありました。
    この手順で自分の中のインナーチャイルドを少しでも癒せるようにやってみます!
    紗妃さん、ありがとうございます。

    1. Y.c様

      コメント、ありがとうございます。
      頂いたコメントへの返信が、長くなってしまったので、
      一つのブログで書かせて頂きました。

      ありがとうございました。

      癒しを重ねていく事で、
      Y・Cのインナーチャイルドは、
      もっと自由になります。

      そして、
      リラックスして
      今を楽しむ事が出来るようになると思います。

      是非、
      継続してみて下さいね。
      (^^)/

      紗妃

  2. こんばんは。

    いつもありがとうございます!

    自分のインナーチャイルドの事を思い出して愛おしくなりました。

    たまに心がサワサワすると、自分にヨシヨシや頭ポンポンしたりして大丈夫大丈夫って言ってたので、教えて頂いた言葉を言ってみます。

    追伸
    文字の太さや大きさ、矢印とか番号とか使ってあって以前より読みやすくなってる!すごいですね!!
    これからも楽しみにしてます(^_^)

    1. MOON 様

      コメント、ありがとうございます。
      そして、ブログの進化にも気付いて下さり
      嬉しいです。

      3つのボダンを押すだけで
      会計できちゃう本来堂のレジでさえ、
      ピーピー言わせてしまう程、
      機械系音痴の私でも、

      ノート取りながら、YouTubeで勉強を重ねてると
      ちょっぴりずつでも、進化するようです(笑)

      さて、
      インナーチャイルドは、
      成長すれば、その方を守護するかの如く

      応援してくれる
      強い味方へと変わります。

      MOON様のインナーチャイルドも、きっと
      進化を遂げていると思います。

      気付けて
      良かったですね(^^)/

      紗妃

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA