すぐできる、招かざる霊を自宅に引き入れない方法

お盆のこの時期、

普段よりも『目に見えない方たち』との接触が多くなります。

御縁のある、故人やご先祖様をお迎えに行く道中、

全く関係のない方も、くっついてきてしまう事も多くあります。

沿う行った時、殆どの場合は、何か支障が出る事もなく

そのうちお帰りになるようですが、

たまに、何かを気に入って、その方やその家に、お住まいになる事もあるようです。

そうなると、敏感な方は、熱が出たり、悪寒が続いたりします。

また『ラップ音』と呼ばれる、金属やガラスがこすれる(または割れる)ような物音が始まったり

時には、何かのメッセージを囁いたりします。

不眠の原因になったり、体調不良にも繋がるこれらの現象を防ぐために、おすすめの方法があります。

 

ポイントは『姿勢』

普段から猫背気味の方は特に気をつけましょう。

猫背の肩は、乗りやすいようですから、

お墓参りや、神社仏閣へ行った後、

家のドアを開ける(鍵を開ける)前に、必ず背筋をピンと伸ばしてからお入りください。念の為、背筋を伸ばし、両肩をささっと払ってから、家に入るのも良いですね。

 

カンタンな方法ですが、かなり効果があります。

是非、試してみて下さい。

「もう、家に何かいるみたい…」という方は、

…鑑定のお電話、お待ちしています^_^;。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA