blue and pink abstract painting

240年に1度の大改革。グレートコンジャンクションへの理解を深める?

TELL ME CHANNEL(教えての森)第4回

『グレートコンジャクション?風の時代?『2020年12月22日までに、絶対やっておいて欲しいこと3つ』です
こんにちは、紗妃です。

今日のブログでは、最近よくされる以下の質問に対して、

出来るだけ解りやすくお答えしたいと思います。

Christmas Bokeh Tinsel Tree with Holiday White Lights that Sparkle
Photo by Rinck Content Studio on Unsplash

 

・2020年12月22日に起きるグレートコンジャンクションって何?

・なぜこんなにも、重要視されるの?

・2021年は良い年にしたいな。でも、具体的に何したらいいの?

 

このブログを読むことによって、

  • グレートコンジャクションの正体が解り、不安が消えます。
  • 2021年を良い年にする、方法が具体的に解って安心できます。
  • 開運のための行動が具体的に解り、気持ちが楽になります。

 

『2020年12月22日に起きるグレートコンジャンクションって何?』

black and blue abstract painting
Photo by Leonardo Yip on Unsplash

『グレートコンジャンクション』とは、

20年に一度起こる、

『木星』と『土星』が近づく現象の事を言います。

 

『なぜこんなにも、重要視されるの?』

グレートコンジャンクション自体は、

20年に一度起こる、さほど珍しい現象ではないのですが、

2020年の『グレートコンジャクション』は、そこに

いくつかの『特別』が重なっています。

 

特別その1

22日の前日、2020年12月21日は『冬至(とうじ)』です。

冬至とは、一年(二四節)の中で最も日没がはやいとされる日です。

日没がはやい、という事は最も昼が短いわけですから、

太陽の力が最も弱い日、とも言えます。

(逆に、太陽の力が最も強い日は『夏至(げし)』)

 

世の中を『陰』と『陽』で表すなら、

この太陽の力が最も弱い日は『極陰』となります。

 

易経の中の言葉に『陰極まりて、陽生ず(いんきわまりて、ようしょうず)』

という言葉があります。

 

季節が冬になり、

どんどん日照時間が短くなり、『陰極まる』日が『冬至』

そして、その日を境に、

今度は日照時間が長くなるわけですが、

 

これを人生に例えて

物事がうまくいかなくなり、

どんどん切羽詰まってきて、最高に苦しい状態となる。

 

そして、その日を境に

今度は運気の上昇が始まる、この状態を『陽生ず』と言います。

(神社などで見かける『一陽来復(いちようらいふく)』という縁起の良い言葉にも

(一筋の陽が巡ってくる→これから物事が良くなっていく)同じような意味があります)

 

ですから、21日に冬至を迎えた翌日、

12月22日は、『陽(幸運)を捉えやすい(これから新しい流れが始まる)日』

というわけです。

 

Photo by Lorenzo Lamonica on Unsplash

特別その2

今年の干支は『子(ねずみ)』

12干支の始まりです。

ねずみは、干支になる時『子』という字で表しますが、

『子』という文字は、『種子』の意味も持っています。

その為、

2020年に蒔かれた『種』が、これから12年の流れの元を担っているわけです。

 

特別その3

今年は、そこに20年に一度の『グレートジャンクション』が加わっています。

 

特別その4

『木星と土星の接近』を『グレートジャンクション』という事は

前述のとおりですが、今年はその

接近の度合いが、半端ないのです。

その距離わずか0,1度。

接近というか、もう重なっています。

目視できる時間帯としては、実に800年ぶり。

(1226年鎌倉時代以来)。

 

特別その5

20年に一度起こる『グレートコンジャンクション』ですが、

過去240年に至っては、それが『地』の星座の中で起きていたため

『地の時代』と呼ばれていました。

しかし、

2020年12月22日、『風』の星座である『水瓶座』で起きる事を皮切りに、

今後約240年間は『風の時代』が続きます。

 

このような理由から、

今回の『グレートコンジャンクション』が

非常に稀少と言わざるを得ないでしょう。

新しい時代が幕を開けるのです。

orange light bokeh on brown wooden surface
Photo by Artem Kniaz on Unsplash

 

『2021年は良い年にしたいな。でも、具体的に何したらいいの?』

ここからは、私の個人的な見解となります。

12月22日以降、何かが始まる、というより、何かが根本的に変わっていく、といったイメージです。

 

例えば、冬から春に変わる時をイメージしてみて下さい。

ある日急に、季節がガラッと変わるわけでは無いですよね。

『三寒四温』と言われるように、寒い日や暖かい日が繰り返されて、

行きつ戻りつ、少しずつ、大きな何かが動くようにゆっくりと変化が起こり、

春一番で荒れたりしながら、

本格的に春を迎えます。

 

時代の変化も同じです。

グレートコンジャンクションが起きたからって、

ガラッと時代が変わるわけではありません。

実際には、2021年2月4日(旧正月)あたりから本格的に変わり始め、

2023年あたりまでかかるのではないでしょうか?

 

では、その間、何をしたら良いのでしょうか?

新しく物事が始まるという事は、

→ステージが変わる

→今までのやり方では通用しなくなる(システムの崩壊)

→時代に合わせてやり方を変えていく必要がある(意識だけでも)

…という事だと思うのですが、この変革に乗って開運したい方は、次の行動を意識してみて下さい。

具体的な行動の流れ

 

1、12月22日までの時期

…物と心の断捨離を行う(向き合ってこなかった事の清算含む)

 

2、12月22日~2月4日

…取りたい資格・やりたい事・成功させたい事に対しての具体的な計画立てと、それに沿った準備を行う。

 

3、2021年2月4日以降

…スタートを切る(実際の行動を起こす)

 

yellow and red light streaks
Photo by Moritz Knöringer on Unsplash

※↑以上のペースが理想ですが、

このブログを2020年12月22日以降にお読み頂いた方は、

毎月起こる、

『満月の日』に1番(物と心の断捨離を行う)

『新月の日』に2番(取りたい資格・やりたい事・成功させたい事に対しての具体的な計画立てて、それに沿った準備を行う)を、叶うまで毎月繰り返す。

…以上を行う事で願望が叶いやすくなります。

 

今日の話は以上です。

『新時代』が来る、という事は

今まで知らなかった世界を知る事、となります。

その中には、

新しいときめき・ワクワク・楽しい事も多く得る事が出来るでしょう。

あなたの魂が輝く何かに出逢える事もあるでしょう。

もちろん、大変な事もあると思いますが、

恐れる事はありません。

知る事が、『知識』が、必ずあなたを助けます。

正しい情報を得て、正しい判断をしていく、

これこそが、来る新しい時代で生き抜く為の『鍵』となります。

…よろしければ、また遊びにいらして下さい。

紗妃でした。

tree trunk
Photo by Dan Stark on Unsplash

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA